Approach

Pikake School’s earlychildhood curriculum is based on the Montessori Method, and is inspired by Reggio Emilia approach and new educational research methods.

Our goal is to support our children by helping them become bilingual to contribute to

the global community and provide an enchanted childhood.

 

What is Montessori Method?

 “Whole Child”

Maria Montessori was the first female doctor in Italy. She conducted tremendous observations and research about young children and she created the Montessori Method. There are many famous graduates from Montessori schools and now there

are many Montessori schools all over the world. 

The Montessori method is based on self-directed activity, hands-on learning and collaborative play. It also values the human spirit and the development of the “Whole Child”, physically, socially, emotionally, and cognitively. In the Montessori classroom children make creative choices in their learning. Children work in groups and individually to discover and explore mysteries of the world and to develop their maximum potential. Every material in a Montessori classroom supports an aspect of child development, and children can learn through their own experience and at their own pace.

 

If you would like to learn more about Montessori, click here.

 

 

 

IMG_9506.jpg

Pikake’s Global education

We believe that language is such a powerful tool to communicate and collaborate with each other in the global community.

We have immersion programs for English and Japanese language and bilingual program(Japanese and English).

We start from the step of “learning languages are fun” and move to next steps of global awareness, cultural celebrations,

and nurturing hearts for our planet.

(Japanese Program) Even though we are far away from Japan, we would like to provide the curriculum that children can feel the seasons and learn about the cultures and traditions of Japan. Our children will learn and develop their communication skills in Japanese. 

(English Program) All areas of learning such as language, math, science, geography, zoology, art and music will be guided in English. Montessori Phonics help to build up the children’s foundation in the sounds of the alphabets and they learn to read by decoding.

The Montessori way has a systematic way of teaching the children to be able to read independently and has proven itself as one of the best educational models in the 21st century.

(Bilingual Program) Our world is getting smaller. Our bilingual program offers our young children opportunities to learn both in Japanese and English. The goal in Bilingual program is help children get familiar and comfortable with both languages.  

Then, we hope children develop love and appreciation of cultures and cultural awareness.

アプローチ

ピカケスクールはモンテッソーリ教育法を軸に、レッジョ・エミリアのアプローチや最近の研究にインスパイアされたカリキュラムを行っております。バランスのとれたバイリンガルを育てるグローバル教育としあわせな子ども時代を応援してまいります。

 

モンテッソーリって?

子どもが主人公

イタリア初の女性医学博士であったマリア・モンテッソーリはたくさんの子どもたちと関わりながら、観察と研究をくりかえし、科学的、医学的視点から独自のメソッドを開発しました。モンテッソーリ教育を受けた著名人も多く、現在ではモンテッソーリ教育を実施している学校は全世界に広がっています。

モンテッソーリ教育の基本の柱になる考えは「じぶんでできるようになるのを手伝って」という子どもの心の声を大切に、子ども全体(認識力、社会性、感情、身体、精神)を育てていく思想にあります。6歳までの年齢の子どもたちは体験や発見から学んでいきます。クラスの中には実際に手で触って面白い!と感じるような5感を使う教具や活動がちりばめられており、自分のペースで学びながら、発見、驚き、感動体験を積み重ねていきます。子どもたちは自信を養い、自分らしく輝いていきます。

 

モンテッソーリ教育に関するさらに詳しい情報はAmerican Montessori Societyをご覧下さい。

​尚、ジャングルシティへ記事を掲載しております。ご興味がおありの方はモンテッソーリ教育の現場からをご覧下さい。

 

ピカケのグローバル教育

これからの未来をいきる子どもたちに、世界の人たちといきいきとコミュニケーションをとっていってもらいたい、その手段としての言語はとても大切だと考えています。コミュニケーションの基礎となる日本語と英語をバランス良く育てていくお手伝いをしていきます。

(日本語クラス)日本とは違う環境で生活している子どもたちが日本の四季、文化、習慣を知り、体験しながら日本語での豊かな表現力、思考力、コミュニケーションの基礎をしっかりと身につけていくことを目標としています。

(英語クラス)日本人やESLのお子様に配慮をしてカリキュラムを構成しています。英語、算数、アート、文化などすべてが英語で行われます。モンテッソーリのフォニックスは「なぜか読めるようになってしまう!」という嬉しい体験談がたくさんあります。小学校をスタートする前に十分な英語基礎力と自信をつけて次のステップへとすすめるように子どもたちを支援します。

​(バイリンガルクラス)日本人の先生と英語の先生が協力しながら、子ども達を優しくガイドしていきます。バイリンガルクラスの目標は自然に両言語に馴染み、親しんでもらうことにあります。そうしてやがて、両文化に対しての愛や感謝の気持ちを育んでいけたらと願っています。