Philosophy

Pikake School’s PICNIC Values

 

Peace – Cultivate a peaceful mind to build a peaceful world

 

Inspiration – Celebrate inspiration

 

Creativity – Honor unique ideas and creativity

 

Nurturing hearts – Nurture hearts and mindfulness

 

Imagination –Spread the wings of imagination

 

Community – Open the doors to global community

 

 

Our Image of the child, families and teachers

The child as a powerful being, communicator and collaborator

The families as partners in the learning process

The teacher as a guide, researcher and nurturer

IMG_1832.jpg

Aloha Influence

Our school name “Pikake School” is inspired by the small, white Pikake jasmine flower from Hawaii. 

Each Pikake flower is lovely and fragrant on its own, but when dozens of these flowers are brought together into a lei,

the result is a beautiful joining of petals and a scent that embodies happiness. 

A Pikake lei is a cherished Hawaiian lei: a beloved expression of unity and joy.

 

Our wish at Pikake School is that each child will grow into a kind and thoughtful individual, as well as someone who lives

in harmony with the global community.

 

We have been inspired by Aloha style in both our philosophy and classroom design. Our environment is cozy and

home-like to celebrate a nurturing environment where the children feel encouraged to learn and blossom as individuals

and as supportive teammates to one another.  We embrace and value our community of students, parents, teachers and volunteers as Ohana, the Hawaiian concept of family whose members come together to support each other and work in unison to accomplish more as a group than one person can alone. 

 

We strive each day to demonstrate the Aloha spirit in all our interactions with the children, parents and the Pikake School community.

ピカケのかんがえかた

ピカケスクールのPICNICなゴール

Peace – 平和的にものごとをとらえ、人との関係を築き

Inspiration – インスピレーションに敏感で

Creativity – クリエイティブに自分から表現する力をもって

Nurturing Heart – 心を豊かにたがやして

Imagination – 想像力の羽をひろげて

Community – グローバルコミュニティで活躍できる人に

ピカケスクールはPICNICを大切に育てていくために配慮をしてスペースを

デザインし、子ども、家族、先生間の絆を深く育てていきたいと思います。

ピカケスクールの子ども、親、先生のイメージ

子どもはパワフルで、コミュニケーターであり、協力者である。

家族は子どもの学びのプロセスのパートナーである。

先生はガイド、研究者、そして育ちあう人である。

IMG_20210405_093908_778.jpg

アロハのこころ

「ピカケスクール」の名前はハワイに咲く小さな白いジャズミンの花、ピカケをモチーフにして生まれました。ピカケの1つ1つのお花はそれだけでとてもあどけなく可憐な花ですが、たくさん集めてレイを作るととても美しくその広がる香りには幸せな気持ちになります。ピカケのレイはハワイで愛されるレイの1つで、一体感と喜びを象徴しています。

 

子ども達がピカケスクールで優しさと思慮深さを育み、やがてグローバルコミュニティの中で調和を奏でる人として成長していってほしいというのがピカケスクールの願いです。

 

アロハスタイルがフィロソフィーとクラスの環境の中に生きています。子ども達がそれぞれの色で輝きながら、仲間とお互いに協力し合うことを大切にしています。お教室は子ども達にとって家庭にいるような居心地の良い場所です。ピカケスクールの子ども達、ご家族、先生達、ボランティアの皆様はオハナ(ハワイ語の家族)であり、コミュニティ全体が協力して温かなところでありたいと願います。